FC2ブログ
2008年に青果市場に開業した桃の木は移転し、老上海 香蔵の2階へ salon桃の木として皆様をお迎え致します。
今年の春はまた格別な思いの桜が舞う。

ひらひらと舞い上がり
キュンと胸に舞い落ちる
春なんだなあ。
どうして春は別れが似合うのだろう。
秋も別れが似合うのだけど
この情緒不安定感には叶わない。

春には別れだけでなく、その先にある出会いを予感させる
ストーリー展開が期待できるから
ストーリーは描いたもの次第
お好きなようにだ!

実際別れても悲しさが後を引かない季節は
夏と冬になるのか?
あくまで個人的な季節感。

夏のひまわりを見ていたら
別れなんてひと夏のセミの恋のようなもの
夢中で泣いて、あとはカラッとした抜け殻
冬の寒さは心をピリッと強くしてくれる

別れの季節感だけで前置きが長くなってしまったけど

平成最後の卒業式 長男は小学校6年間が終わった
『先生さようなら! みなさんさようなら!』
と六年間のお決まりの挨拶で幕が下りた。
それぞれの思い それぞれの道
それぞれの個性が活かされる中学生活を送ってほしい。

そして卒業式の前夜に日本のスーパーヒーロー イチローが引退会見をした。
わたしにとって イチローはいつも元気の素だった。
この人をみているだけで やる気になった
大好きな人である。
きっと多くの不安がそれぞれにイチローの好きなところを持っているはず

プロ野球選手だけにしておくのはもったいないくらいの
キャラクター
でもイチローがイチローであるのは
プロ野球選手だからこそなのだろう
イチローを好きなところは
薄っぺらい言葉を語らないところだろうか?
これからのイチロー名言も楽しみだ!

イチロー引退会見より
『生き方』
『。。。遠回りをすることでしか本当の自分に出会えない  自分なりに重ねてきたこと
人より頑張ることなんてとてもじゃないけどできない あくまでもハカリは自分の中にある』 『自分なりにそのハカリを使いながら』
自分の限界を超えてゆく』 それでしか自分を超えていけない 
自分が信じてきたことを。。。。。


 

10年くらい前かな~?
記憶はないのに
タイムマシーンであの日の記憶の世界へ
もっといろんな思い出や記憶は
そこらへんに片隅に息をひそめていたり、
星になって瞬きしてこっちをみてたりするのかも
時々夜空を見上げて
広い宇宙を感じてみながら
思い出の星屑がキラキラとこっちを眺めて笑ってるかも
また、いろんな事やって
思い出製造してるわって。
イノベーションという言葉やっとしっくりき出した今日この頃です。

イノベーションにもいろいろな意味があるようですが
=変革
今日はこの表現がしっくりくる
個人的に変わることに抵抗のない人間
むしろ変化することの方が健全かつ幸福と感じる
変化しないこともすばらしいが、
変化することに口出ししてくる人にはあまりいい気持ちになれないことが多かった。
一方で変わらないでいるものが愛しく感じることもある
私が変化を求めることはむしろ変化しないものがあるからこそ
わくわくするのだ
だから変化しないもの。
古きよきものは変化しなかったという未来からみると新鮮で価値のあるものになるのだ。
さて、うんちくばかりの私であるが
自分を変えることって難しい
未来は変えられるし自分も成長することで変わることができる
変わる変わらないが重要でなくて
どうなりたいか?
どうしたいのか?
そのために何をする?いつする?
変革の先に描く景色をうかべてみよう。
 
幼い長男の写真がでてきた。

きっと、自分も今よりは若いに違いないが

子供の成長はこの10年間は大きく変動すると感じる。

社会では、「いじめや虐待や暴行」など、信じられない事件が当たり前のように起きている

教育機関や、家庭調査員など病院学校などなどもっと
一番最初の発見できるセンサーのような働きができるものはないのだろうか?
これだけ情報化社会 QRコードで読み取れるような暗号のような発信でSOSが送れるようにならないか?

GPS機能がもっと、進化して単に物理的な場所を示すだけでなく
心の位置や温度、居場所が不安定になっている信号を見つけ出せる機能があればいいのに

きっと、恐怖や不安が強くなってくる前に未然に調べられるものは★STR素質適応理論などの心の質3タイプから始まる学問のデータとエネルギーの質が解る素質学をあらかじめわかっておくことも大切な役割を果たせると思う。

まず生まれた時からこの子はどんな素質をもってうまれてるからどんな素立て方(=育て方)をすれば
その子が自分らしく生きれるか?が解ります
親が子の素質を早くわかることで、よりいい環境で素立てる(=育てる)ことができる
間違った育て方、いわゆる素質に向かない素立てをすると、
ストレスや怒り不安を抱えながら 成長し、思春期になればいじめを始めたり、大人になるとDVや虐待を引き起こす原因にもなってくる。ゆっくりと成長するので間違った素立て方をしていても、すぐ結果が見えるわけでないので、問題は根を張っていて
なかなか性格を変えることや自分らしく生きることがわからない人もいることでしょう。





老上海 香蔵

明日はハッピーmen'sデー


詳しくは、老上海 香蔵フェイスブックをチェック‼︎してみてね!
2008年 東京からUターン 帰郷することになって
急遽、修行の腕を頼りに 青果市場の中で
中華料理店を開業し、オーナーシェフとなる 主人
隈元 香蔵 。私は妻として、二児の母親として
故郷鹿児島 地元谷山にて 新しいスタートをしたわけです。
それまで、麻布で料理長として腕を振るっていた
香蔵。環境の違いは計り知れないものがありながら、
私のわがままからの帰郷への決意を承諾してくれました。


つくづく、家族思いの主人だと感謝しております。(本人には素直に言えないので、この場をおかりして
(😅)

次男を授からなければ、生まれなかった 店(桃の木)の10年目の閉店?移転までを
振り返りながら、いつまでも 記憶の中 夢のあしあと を語り記します。
また、これから先に繋がるあしあとになりますように。IMG_0745.jpg
2018 年 あけましておめでとうございます。
去年は、香蔵+桃の木 共に大変お世話になりました。

今年初めての 香蔵はおかげさまで大盛況でスタートで来ました。

初商より初心に戻り、また一年間気を引き締めて行きたいです!

どうぞ本年も 中国料理 老上海 香蔵をよろしくお願いします。
香蔵は皆様の笑顔が香る蔵として、美味しい幸せをお作りして行きます!!

byマダム akiko 🐩
お知らせ
2017年12月31日より
青果市場内での桃の木は慈眼寺へ【移転】いたします。
青果市場での9年間支えてくださったお客様には心より感謝しております。
今こそ、桃の木オーナーシェフが厨房に立つ
慈眼寺本店 「老上海 香蔵」の元へ帰りどこかで桃の木メニューとして形を変えて《香蔵✖️桃の木として》歩み続けていきます。。。


そしてー
6年間勤務してくれた大切なスタッフ鍵屋に無事に青果市場のお店の引き渡しとなる独立支援をすることが出来ました。 
本人の努力そしてお客さまのご支援の賜物です。
私たちは青果市場のお店で〈新〉鍵屋オーナーシェフを陰ながら応援をしていきます。
また皆様にお会いできることを楽しみにしております
こちらのブログはテーマを変えて新たな形で継続していきたいと思っています。
本店のリニュアールやいろいろな変化に伴い
私自身もまだ実感がなく現状をうまく伝えられないままですが
これまでの9年間を振り返りながら初心を忘れないで
道を拓いてゆきます。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
時々遊びに来てくださいますように。
穏やかで良い一年をお過ごしくださいませ
 2018.1.2 
マネージャー 
KUMAMOTO AKIKO
25日月曜日
A黒酢の酢豚 790円
B海鮮あんかけ黄金チャーハン 950円
26日火曜日
Aエビと季節野菜のあっさり塩炒め 790円
Bピリ辛軟骨かけご飯 850円
28日木曜日
Aエビと卵のチリソース 790円
B黒ごま担々麺と半チャーハン 980円
今年一年ありがとうございました。

2018年中華おせちは完売となりました。
良い一年をお迎え下さいませ。
来年も宜しくお願い致します💐
🍑店主  老上海  香蔵   
料理長   隈元 香蔵